浴室リフォーム

浴室リフォーム

浴室はリフォームの中でも需要が多く、リフォーム経験者の約6割はお風呂を新しくしているという事です。

 

お風呂は毎日使用するものなので少しでも不便さや不満があるとストレスが溜まるものです。

 

一口に浴室を新しく工事をすると言っても二種類あります。

 

 

ユニットバス

 

お風呂の空間をユニットで覆い尽くすので防水性や断熱性が優れています。また普段のお掃除や手入れも簡単です。最近では浴室乾燥機や床断熱といった機能も浸透してきてより快適になってきています。

 

 

広告1

 

 

在来工法

 

床、風呂窯、壁、天井といった材質・デザインを好きなように作ることが出来ます。しかし耐久性や防水性がユニットバスより劣るので経済的に余裕がある家庭に好まれるようです。

 

例えば、湯船を石素材にしたり、壁をタイル素材にしたりとさまざまなオリジナルのデザインができますが断熱性が劣るのと、手入れ掃除が大変です。

 

広告1

 

 

さて浴室をリフォームするときにはまずはどのようにしたいのかを決めなければなりません。当然費用的に余裕があればどのようにでもできますがそうはいきませんよね?

 

あなたが、マンションに住んでいるのであればほとんどの家がユニットバスでしょうし、戸建の方でもほとんどユニットバスだと思われます。近年ではユニットバスがほとんどでしょう。

 

さて本題になってきますが、浴室をリフォーム工事する時の費用は工事業者メーカーによって金額の差が大きくでます。また、同じメーカーのものを選んでも工事業者によって金額差が大きく出てしまいます。

 

 

極端に言えば、そのリフォーム業者の言い値になってしまうのです。地域や時期によって相場は大体決まっていますがあくまでも価格設定をするのはリフォーム業者に委ねなければなりません。ではお客さんは言いなりにならなければならないのかと言うとそれは違います。

 

お客の立場でも対策はあります。

 

それは沢山のリフォーム業者に見積もりを取って一番安い業者に依頼するのです。一昔前は知り合いの工事業者や紹介してもらった業者に工事を依頼するのが当たり前でしたが今はインターネットでも見積もりが取れるのでそれを資料するのが一番分かりやすく安全でしょう。

 

沢山のリフォーム見積もりを持って、工事業者と値段交渉するのが賢い方法です。

 

具体的には何社か見積もりを取るのがいちばんの方法ですが、それでは手間が掛かり過ぎるので、一括見積もりサイトなどを活用するのがBESTではないのでしょうか。わたしの知人もこういったサイトを活用して価格が相当に安くなったとの話を聞いています。

 

 

また安いだけではいけません。安心して工事を任せられて、信頼できる工事をしてもらわなければなりませんので難しいところです。

 

 

次回は安全で安い業者の選び方を説明していきます。


浴室に限らず、リフォームする時には色々と材質やブランドがあります。

 

それぞれお客さんの予算に合わせて、決めて行くのですが中には二流とは言いませんが、あまり知られていないブランドもあります。しかし決して機能や性能が劣る事はありません。

 

そこで選択肢の中にこの有名ではないブランド選択肢にいれてみてはどうですか? 個人的に言えば、名前が違うだけで何も変わることはありませんw 私も浴室をリフォームしたことがありますが予算が限られていたので有名ではないブランドを選びました。

 

同じ性能と機能で、一流メーカーと25万円も差がありました。そこで私はあと5万円をプラスして食器洗浄機を付けたのでとても便利でしたね。

 

取付設置費用はほとんど変わりません

 

浴室自体は、機能やブランドによって金額差がハッキリと出ますが工事費(取付設置費用)は根本的にあまり安くなることはありません。当然と言えば当然ですね。業者さんからすれば同じ浴室を設置しているだけなので安くなるはずはありませんよね?ww

 

違いが出るとしたら、既設のユニットを解体して廃棄してもらうのですがそれはそれぞれの業者さんによって違います。安くなって1万〜3万程度ではないのでしょうか?

 

2〜3社の見積を取って比較する

 

2〜3社のリフォーム会社から見積を取りましょう。

 

これをすることにより、以外にリフォーム費用を安くなる場合が多いです。

 

会社によって仕入れの価格に差があるからです。安ければその分お客さんに安く提供できると言う訳ですね。

 

 

続きを読む≫ 2015/05/29 09:39:29