浴室リフォーム

浴室リフォームを安く抑える方法

浴室に限らず、リフォームする時には色々と材質やブランドがあります。

 

それぞれお客さんの予算に合わせて、決めて行くのですが中には二流とは言いませんが、あまり知られていないブランドもあります。しかし決して機能や性能が劣る事はありません。

 

そこで選択肢の中にこの有名ではないブランド選択肢にいれてみてはどうですか? 個人的に言えば、名前が違うだけで何も変わることはありませんw 私も浴室をリフォームしたことがありますが予算が限られていたので有名ではないブランドを選びました。

 

同じ性能と機能で、一流メーカーと25万円も差がありました。そこで私はあと5万円をプラスして食器洗浄機を付けたのでとても便利でしたね。

 

取付設置費用はほとんど変わりません

 

浴室自体は、機能やブランドによって金額差がハッキリと出ますが工事費(取付設置費用)は根本的にあまり安くなることはありません。当然と言えば当然ですね。業者さんからすれば同じ浴室を設置しているだけなので安くなるはずはありませんよね?ww

 

違いが出るとしたら、既設のユニットを解体して廃棄してもらうのですがそれはそれぞれの業者さんによって違います。安くなって1万〜3万程度ではないのでしょうか?

 

2〜3社の見積を取って比較する

 

2〜3社のリフォーム会社から見積を取りましょう。

 

これをすることにより、以外にリフォーム費用を安くなる場合が多いです。

 

会社によって仕入れの価格に差があるからです。安ければその分お客さんに安く提供できると言う訳ですね。

 

ムダなオプションを付けない

 

不要なユニットバスのオプションを付けるとムダに高くなります。例えば、抗菌シャワーヘッドなどがありますが本当にいりますが?お客さんは新しくなるお風呂に浮かれていてカタログをみているとアレもこれも付けたくなるのが心理です。

 

また、曇りにくい鏡なども直ぐに意味がなくなります。だいたい半年ほど経つと効果がだんだん薄れてきて曇りはじめてしまいます。ユニットバスの追加オプションは決して安くありませんのでよほど裕福な家庭以外は慎重に考えるべきです。

広告1