ユニットリフォーム

ユニットバスをリフォームして失敗しました。

ユニットバスのリフォームをすることになったのですが、少しでも良いものにするために、多くの業者さんに見積もりをお願いしました。そのおかげでリフォーム代をかなり安くすることができたので、やっておいた価値はあったのだと、この時までは悦に入っていました。

 

在来工法でやればかなり自由にできるとのことなので、こちらのやり方でお願いすることを決断し、ユニットバスの大きさや形、色に関しても悩みましたし、床や壁に至るまで時間をかけて検討した甲斐があり、かなり良さそうなものができるのだという予感がありました。ただ、それはあくまでも私の希望であり、実際にはあまりうまくいきませんでした。

 

というのも、リフォームする際に、もともとあったユニットバスを無視して好きなものを選んでしまったせいで、改めて掘ったり埋めたりといった作業が必要となってしまったのです。これはリフォーム業者にとっても計算外だったらしく、事前に聞いていた見積もり額を上回るという事態になってしまいました。

 

おまけに時間が経つにつれて水漏れなどが起こりましたし、風通しが悪くなったのか、以前に比べてカビが生えるスピードが早くなった気がします。それからシャワーや水道の部分に関しては、どれでも大差がないのだろうと、それほどこだわらなかった弊害が出てしまいました。水圧が弱かったり、体に当たる範囲が狭いといったことがあり、とにかくお風呂に入るたびに不満を感じる毎日を過ごす羽目になってしまったというわけです。

広告1

かなりためらいましたが、結局やり直してもらうことになったので、費用を抑えるつもりが、最終的には二倍以上のお金が必要になってしまい、デザインだけでなく、もっと機能のことにも目を向けておくべきだったと反省です。